シットアップの正しいポイント動画|腹筋を鍛える筋トレ【中級者向け】

ーーーーーーーーーーーーーーー
▼強度(身体にかかる負荷/負担)
Level4.★★★★☆
▼難易度(姿勢/動作の難しさ)
Level4.★★★★☆
ーーーーーーーーーーーーーーー

体重も食事も、これひとつで

ダイエットや健康維持など、健康を管理したい人にはFiNCがおすすめ。
体重、食事、歩数、睡眠、生理をまとめて1つのアプリで記録することができます。
しかも記録することで毎日ポイントがもらえ、貯まったポイントはFiNC MALLでお買い物する際におトクに使うことができるんです!

アプリを無料で使ってみる

シットアップとは

シットアップは、上から下までの腹筋全体を使うトレーニングで、「V字腹筋」とも呼ばれます。少し難易度は高いですが、集中的に腹筋と体幹を鍛えることができる万能トレーニングです。 腹筋を意識しながら、体を折りたたむようにゆっくり行いましょう。上体を起こしたときに、両手で両足の指先を触るイメージで行うことがポイントです!

シットアップの正しいやり方・フォーム

  1. 仰向けに寝る
  2. 肘と膝を少し浮かせる
  3. 膝と胸を近づけるイメージでV字をつくり、床に着く寸前まで下ろす
  4. 繰り返す

トレーニングを効果的に行うポイント

  • 腕や足の反動を使わない
  • 背中を丸める(腰を痛めないため)
  • ゆっくり上体をおろす
  • 上体を持ち上げるとき、体が垂直になる前に止める

合わせて行いたいおすすめのトレーニングメニュー

  1. シングルレッグストレッチ
  2. デッドバグ
  3. ダイアゴナル
  4. サイドオブリークプランクアウト
  5. スパイダープランク
  6. ツイストレッグレイズ
  7. Vシットアップ

トレーニングのNG例

腕や足の反動を使って起き上がる

起き上がる際に腕や足の反動が加われば、腹筋への負荷が弱くなってしまいます。腕や足は固定して、反動を使わないよう意識しましょう。

背筋を伸ばしすぎる

多くのトレーニングでは背すじを伸ばすことが基本ですが、シットアップでは背中を丸めましょう。上体を起こす際に背中がまっすぐになっていると、腰を痛めてしまう可能性があります。

トレーニング時の呼吸方法

上体を上げるときに口から息を吐き、下げるときに鼻から吸います。

トレーニング回数の目安

5回×3セット
チャレンジしたい人は10回でやってみましょう!

シットアップに効果を期待できる方

  • 体幹を鍛えたい方
  • お腹全体を引き締めたい方
  • 姿勢を改善したい方
  • 基礎代謝を上げたい方

鍛えたい部位(意識する部位)

#上腹部 #脇部 #下腹部

トレーニングする際の注意点

  • トレーニングの前後は、ウォーミングアップと最後のストレッチを欠かさずに。しっかり体をほぐしましょう
  • 自分のペースで継続的に行いましょう
  • 食後すぐのトレーニングは避けましょう
  • トレーニングと合わせて、食事と休養もしっかりとりましょう
  • 呼吸は止めずに行いましょう
  • 痛みがあったり、体調が優れないときは無理はしないようにしましょう

体重も食事も、これひとつで

ダイエットや健康維持など、健康を管理したい人にはFiNCがおすすめ。
体重、食事、歩数、睡眠、生理をまとめて1つのアプリで記録することができます。
しかも記録することで毎日ポイントがもらえ、貯まったポイントはFiNC MALLでお買い物する際におトクに使うことができるんです!

アプリを無料で使ってみる