ダイアゴナルの正しいポイント動画|腹筋を鍛える筋トレ【中級者向け】

ーーーーーーーーーーーーーーー
▼強度(身体にかかる負荷/負担)
Level4.★★★★☆
▼難易度(姿勢/動作の難しさ)
Level4.★★★★☆
ーーーーーーーーーーーーーーー

体重も食事も、これひとつで

ダイエットや健康維持など、健康を管理したい人にはFiNCがおすすめ。
体重、食事、歩数、睡眠、生理をまとめて1つのアプリで記録することができます。
しかも記録することで毎日ポイントがもらえ、貯まったポイントはFiNC MALLでお買い物する際におトクに使うことができるんです!

アプリを無料で使ってみる

ダイアゴナルとは

ダイアゴナルは、体幹を使いながらお腹周りを鍛えるトレーニングです。一般的な腹筋運動ではなかなか鍛えることができない「凹ませる力」を使って、すっきりお腹を手に入れましょう!
手足を伸ばすときは、体が一直線になるよう意識することがポイントです。

ダイアゴナルの正しいやり方・フォーム

  1. 四つん這いになる
  2. 右手、左足をまっすぐ伸ばしたあと、右ひじ左膝をくっつける
  3. 繰り返す

トレーニングを効果的に行うポイント

  • 手を自分の肩の真下につく
  • お尻から首筋までまっすぐをキープする
  • 右足と左手を同時に上げていく
  • 足と手、どちらも背中と同じ高さをキープ
  • かかとで地面を蹴るようなイメージで脚を伸ばす

合わせて行いたいおすすめのトレーニングメニュー

  1. シングルレッグストレッチ
  2. デッドバグ
  3. ダイアゴナル
  4. サイドオブリークプランクアウト
  5. スパイダープランク
  6. ツイストレッグレイズ
  7. Vシットアップ

トレーニングのNG例

腰を反らせてしまう

腰を反らせた状態でトレーニングを続けると、腰を痛めてしまう可能性があります。腰の力は常に緩めず、緊張させた状態に保つことを心がけましょう。

息を止めた状態でトレーニングを行う

呼吸を止めてしまうと体が酸素不足になり、バランスを崩しやすくなってしまいます。しっかりと深く呼吸をしながら動作を行いましょう。

トレーニング時の呼吸方法

脚を縮める際に口から息を吐き、伸ばす際に鼻から息を吸います。

トレーニング回数の目安

左右10回×3セット
チャレンジしたい人は朝・昼3セットずつやってみましょう!

ダイアゴナルに効果を期待できる方

  • 体幹を鍛えたい方
  • ぽっこりお腹を改善したい方
  • 姿勢を改善したい方

鍛えたい部位(意識する部位)

#上腹部 #脇腹 #下腹部 #背中 #お尻

トレーニングする際の注意点

  • トレーニングの前後は、ウォーミングアップと最後のストレッチを欠かさずに。しっかり体をほぐしましょう
  • 自分のペースで継続的に行いましょう
  • 食後すぐのトレーニングは避けましょう
  • トレーニングと合わせて、食事と休養もしっかりとりましょう
  • 呼吸は止めずに行いましょう
  • 痛みがあったり、体調が優れないときは無理はしないようにしましょう

体重も食事も、これひとつで

ダイエットや健康維持など、健康を管理したい人にはFiNCがおすすめ。
体重、食事、歩数、睡眠、生理をまとめて1つのアプリで記録することができます。
しかも記録することで毎日ポイントがもらえ、貯まったポイントはFiNC MALLでお買い物する際におトクに使うことができるんです!

アプリを無料で使ってみる