ダイエットに取り入れたい!ウエストに効果のある運動を紹介!

「ウエストダイエットにはどんな運動が効果的なのかしら?」なんて、お調べですね。

ウエストダイエットに効果のある運動法を知って、自分に合った方法を選びたいですよね。

実は、この記事で紹介する運動や食生活のポイントをダイエットに取り入れることで、ウエストの引き締め効果が期待できるのです。

この記事では、ウエストダイエットに取り入れたい運動や食生活をそれぞれ詳しく紹介します。

あわせて注意点も押さえながら、ウエストダイエットの一環として日々の生活に取り入れてみましょう!

カラダのすべてを、ひとつのアプリで。

「ダイエットをなかなか続けられない…」
「すぐにリバウンドしてしまう…」
FiNCアプリにはダイエットやトレーニングの様々な情報があるため、楽しみながらダイエットを続けられます!
下記のリンクをクリックして15秒・無料でダウンロードしてください!

FiNCアプリの無料ダウンロードはこちら!

1. ダイエットに取り入れたい!ウエストに効果のある運動7選

ウエスト引き締めに効果のある運動は、以下の7つです。

  1. ロシアンツイスト
  2. サイドプランク
  3. クランチツイスト
  4. サイドベント
  5. プランクシェイク
  6. ワイドスクワットツイスト
  7. 脇腹トレーニング

これら7つの運動方法を押さえて、日々のダイエットに取り入れてみてくださいね。

それでは、それぞれの運動方法を順番に見ていきましょう。

(1) ロシアンツイスト

ロシアンツイストは、以下の手順で行うフィットネスです。

1. 体育座りになる
2. 足を上にあげて、胸の前で手を組む
3. 上半身をツイストする

これら3つの手順で、ロシアンツイストに取り組んでみましょう。

このロシアンツイストを日々の生活に取り入れることで、お腹引き締め効果が期待できます。

目安として、1日に10回程度取り組むのがおすすめです。

(2) サイドプランク

サイドプランクは、以下の手順で行うトレーニングです。

  1. 肩の真下に肘をついて、横になる
  2. 足を重ねて、腰を上げる
  3. 空いている手を真上に伸ばす

これら3つの手順でサイドプランクに取り組んでみましょう。

自然な呼吸をしながら、身体を一直線に保てるように意識してトレーニングすることがポイントです。

このサイドプランクは20秒×2セットを1日に10回程度取り組むのがおすすめです。

(3) クランチツイスト

クランチツイストは、以下の手順で行うトレーニングです。

  1. 仰向けになる
  2. 対角線上にある肘と膝を近づける
  3. 繰り返し行う

これら3つの手順でクランチツイストに取り組んでみましょう。

このクランチツイストは1日に10回程度取り組むのがおすすめです。

また、クランチツイストに慣れてきたら、次は以下のトレーニングに挑戦してみても良いでしょう。

  1. 四つん這いになる
  2. 肘をつきお尻を高く上げる
  3. 手の前に顎がくるように身体をスライドさせる

これら3つの手順で、1日に10回程度取り組んでみましょう。

このトレーニングのポイントは、腰を反りすぎないようにすることです。

(4) サイドベント

サイドベントは、以下の手順で行うトレーニングです。

  1. 足幅を軽く広げる
  2. 片方の手を頭の後ろに当てる
  3. 下ろしている手の方に上半身を傾ける
  4. 元の状態に戻る

これら4つの手順で、サイドベントに取り組んでみましょう。

目安として、1日に10回程度取り組むのがおすすめです。

サイドベント中は、体幹を意識しましょう。

(5) プランクシェイク

プランクシェイクは、以下の手順で行う脇腹のトレーニングです。

  1. 肘を肩の真下につく
  2. 足を腰幅に開く
  3. 頭からくるぶしまで斜め一直線に保つ
  4. 腰を床に近づけるように、身体をツイストする

これら4つの手順で、プランクシェイクに取り組んでみましょう。

目安として、1日に10回程度取り組むのがおすすめです。

トレーニング中は、身体を頭からくるぶしまで斜め一直線に保つことがポイントとなっています。

(6) ワイドスクワットツイスト

ワイドスクワットツイストは、以下の手順で行う骨盤まわりのトレーニングです。

  1. 足を肩幅の1.5倍ほどに開く
  2. 両手を頭の後ろへ添える
  3. 肘は開いて、膝を曲げながら腰を落とす
  4. 立ち上がりながら、膝を曲げて斜めに引き上げる
  5. 4と同時に上半身の足を上げた側と反対側の肘を、斜め下に捻りながら下ろす
  6. 一度ワイドスクワットしてから、反対側も同じように行う
  7. 交互に続けて行う

これら7つの手順で、ワイドスクワットツイストに取り組んでみましょう。

目安として、1日に20回程度取り組むのがおすすめです。

(7) 脇腹トレーニング

脇腹トレーニングは、以下の手順で行う簡単なトレーニングです。

  1. お尻を横にずらして座る
  2. 頭の後ろで腕を組む
  3. 上半身を真横に倒す

これら3つの手順で、脇腹トレーニングに取り組んでみましょう。

簡単なトレーニングなので、ちょっとの空き時間にも取り入れることができます。

また、簡単なトレーニングに慣れてきたら、次は以下の手順で行う脇腹エクササイズもおすすめです。

  1. 体操座りをして、姿勢を正す
  2. 両足を上げる
  3. ふくらはぎと腕をまっすぐに伸ばす
  4. 腕を上げる
  5. 身体を捻りながら、手を下ろす
  6. 繰り返し交互に行う

これら6つの手順で、脇腹エクササイズに取り組んでみましょう。

目安として、1日10回程度取り組むのがおすすめです。

エクササイズ中は、自然に呼吸を繰り返し、ふくらはぎと腕をまっすぐ伸ばすことを意識しましょう。

以上、ウエストに効果のある運動を紹介しました。

ここで「もっと楽しみながらウエストダイエットに取り組めないかな?」と思う人も多いはずです。

そこで、ここからは、ウエストダイエットに取り入れることのできるベリーダンスについて確認しておきましょう。

2. ウエストダイエットにはベリーダンスも効果的!

ウエストダイエットの一環として、ベリーダンスを取り入れることもできます。

ベリーダンスは、以下のポイントを意識して行いましょう。

  1. お腹を薄くして力を入れる
  2. 肩回しにならないよう、首を長くした状態を保つ
  3. 上半身を波打たせるように、しならせる

これら3つのポイントを意識して、ベリーダンスに取り組んでみましょう。

また、ベリーダンスには以下のポイントを意識して行うものもあります。

  1. 重心が前後左右に動かないように意識する
  2. 骨盤を傾けて、腰周りをしっかりと動かす

これら2つのポイントを意識したベリーダンスにも取り組んでみましょう。

これら2つのベリーダンスを、ウエストダイエットの一環として上手に活用してくださいね。

このような楽しいエクササイズは、飽きずに続けやすいです。

以上、ウエストダイエットの一環に活用できるベリーダンスを紹介しました。

ここで「運動のことは分かったけれど、食生活で気をつけることはあるの?」と疑問に思う人もいるはずです。

ここからは、ウエストダイエットで意識したい食生活について確認しておきましょう。

3. ウエストダイエットで意識したい食生活とは?

ウエストダイエット中に意識したい食生活として、以下の2つを紹介します。

  1. 食物繊維をきちんと摂る
  2. 日々の食事内容を記録する

これら2つを、日々の食生活で意識していきましょう。

それでは、それぞれのポイントを順番に見ていきます。

合わせて読みたい!
おいしく食べてダイエット!1週間分の健康的な献立レシピ

(1) 食物繊維をきちんと摂る

ダイエット中は、食物繊維を摂取するように意識しましょう。

極端に食事制限をしたり、偏った食品のみを摂取することで食物繊維が不足してしまうと、便秘を引き起こすことがあります。

これにより、期待していたダイエット効果が得られないといったこともあるかもしれません。

そのため、食物繊維を積極的に摂取するように意識することが大切と言えます。

食物繊維は、食後の血糖値の急激な上昇を抑えたり、血液中のコレステロールの濃度を低下させるといった、多くの役割を持っている食品成分です。

ちなみに、食物繊維は魚介類や肉類にはほとんど含まれていません。

したがって効率よく食物繊維を摂るためにおすすめなのは、主食である穀類の摂り方を工夫することです。

例えば、1日のうち1食を玄米ごはんや麦ごはんや胚芽米ごはんに置き換えることで、効率的に食物繊維を摂取することができます。

食物繊維は、現代人のほとんどに不足しているとされているので、積極的に摂取するように意識しましょう。

(2) 日々の食事内容を記録する

ウエストダイエット中は、日々の食事内容を記録してみましょう。

ウエストを引き締めるためには、ある程度の食事制限が効果的です。

しかし、日々の食生活の中では、無意識のうちに食事の量や内容に偏りが起こり、食事制限の効果がうまく現れないことがあります。

そんなときは、日々の食事内容を記録してみてください。

おすすめの体重記録ツール10選!ダイエット成功をサポートするアプリをレビュー

そうすることで、食事内容を客観的にチェックでき、効率よく管理できるようになるはずです。

食事内容を見返すことで、ダイエットのモチベーション維持にも繋がると考えられます。

以上、ウエストダイエットで意識したい食生活のポイントについて紹介しました。

食生活のポイントと合わせて、ダイエット中には注意しておきたいこともあります。

最後に、ウエストのダイエットを行うときの注意点を確認しておきましょう。

4. ウエストのダイエットを行うときの注意点

ウエストダイエットを行うときの注意点は、以下の2つです。

  1. 極端な食事制限は避ける
  2. 適度な運動を取り入れる

これら2つの注意点を押さえて、効率よくダイエットを行っていきましょう。

それでは、それぞれの注意点を順番に見ていきます。

(1) 極端な食事制限は避ける

ダイエット中は、極端に食事を制限することは避けましょう。

極端に食事を制限すると、一時的に体重を減らせても、ストレスがたまったり必須栄養素の量が不足して、便秘や骨粗鬆症、貧血、月経異常などを引き起こす恐れがあります。

そのため、カロリー計算をしながら、決して無理にならないように調整した食生活を意識するようにしてください。

(2) 適度な運動を取り入れる

ダイエット中は、適度な運動を取り入れましょう。

ダイエットに効果的なのは、ウォーキングやジョギングなどの適度な運動の継続です。

例えば、運動経験がない人が、ランニングなどの激しい運動をいきなり取り入れてしまうと、きついと感じて長続きしないことがあります。

そのため、自分に合った適度な運動を選んで、長く続けていくことを意識してください。

関連記事はこちら!
筋トレは継続が大事!2つのタイプ別おすすめのアプリ5選!

まとめ

この記事では、まずウエストに効果のある運動方法を紹介しました。

あわせて食生活でのポイントを意識することで、より効率的にダイエットを行うことができます。

注意点を押さえながら、日々の生活に運動やベリーダンスを取り入れていきましょう!

体型の維持に気を配る人にはFiNCアプリがおすすめ!

体型の維持に気を配るなら、普段の生活にFiNCアプリを取り入れてみませんか?

ダイエットの一環として、ウォーキングを取り入れるのも良いでしょう。

FiNCアプリを使えば、毎日のウォーキングの歩数を管理でき、消費したカロリーや目標歩数まであとどれぐらいかを確認することができます。

ただ歩数を管理するだけでなく、歩数に応じてアプリで使えるポイントも手に入ります!

貯まったポイントはFiNCモール内で1ポイント=1円として使えますよ!

また、歩数管理のほかにも、健康になるためのアドバイスを受け取ることができます。

歩数の管理もできて、しかもお得なポイントももらえるFiNCアプリを試してみてくださいね!

カラダのすべてを、ひとつのアプリで。

「ダイエットをなかなか続けられない…」
「すぐにリバウンドしてしまう…」
FiNCアプリにはダイエットやトレーニングの様々な情報があるため、楽しみながらダイエットを続けられます!
下記のリンクをクリックして15秒・無料でダウンロードしてください!

FiNCアプリの無料ダウンロードはこちら!