“動けて可愛い”は作れる!田辺莉咲子流、おしゃれ&トレーニング両立術

運動やトレーニング時は、激しい動きや汗のために顔もファッションも崩れがち。でも、どんなときも可愛くいたいと思うのが、女心ですよね。

フィットネストレーナーとして活躍し、人一倍体を動かしながらも、メイクとファッションが人気の田辺莉咲子さん。前向きにチャレンジを続けられる理由を聞いたインタビュー前半に引き続き、今回は、トレーニングとおしゃれの両立法をお聞きしました! 動けて可愛いはどう作る??

<田辺莉咲子さん・プロフィール>
たなべ・りさこ。1998年生まれ。エイベックス・アーティストアカデミーでアーティストやタレントのトレーナーを務めながら、タレントとしても活躍。NETFLIX/フジテレビ系『テラスハウス TOKYO 2019-2020』に出演。愛知県出身。身長150cm。
Twitter
Instagram

カラダのすべてを、ひとつのアプリで。

「トレーニングって何をしたらいいの…」
「筋トレしてるのに体重が減らない…」
FiNCアプリの人工知能が自分に合ったトレーニングメニューをご提案します。
下記のリンクをクリックして15秒・無料でダウンロードしてください!

FiNCアプリの無料ダウンロードはこちら!

トレーニング時のメイク崩れはどう防いでいるの?

莉咲子さんはトレーニング時のメイク崩れはどう防いでいるの?

ー莉咲子さんといえば、はっきりしたメイクが印象的ですね。トレーニング時もメイクはしていますか?

気持ちが上がるので基本的にメイクは毎日していて、トレーニング時は取れてもムラにならないように工夫しています。

普段はパウダー系のファンデーションを使うこともありますが、パウダー系は固まりやすいので、運動時はリキッド系を使っています。shuuemuraの「ザ・ライトバルブ 584」を愛用しているんですが、私の肌の色と比べると明るいでしょ? これ、保湿クリームと混ぜてつけると薄く伸びてちょうどいい感じに仕上がるんです。

ファンデーションのトーンを暗めにすると、逆に全体にしっかり塗らないといけなくなるんです。ハイライトもリキッドタイプで、チークにはリップを代用しています。基本全部リキッドでまとめていますね。

ー汗をかくと特にパンダ目になってないか心配になるんですが、アイメイクは…?

目の周りが黒くならないよう、ラインはウォータープルーフのものを使って、アイシャドウはつけないようにしています。あと、マスカラは落ちるとポロポロと目立つので、上下のまつげともマツエクにしています。

ーその印象的な目元はマツエクだったんですね! 莉咲子さんは、メイクが落ちることを前提に、乱れないよう先回りして準備されている感じですね。

運動したらどうしても汗はかきますからね。トレーニング中、メイク崩れが気になって鏡を見に行く時間がもったいないなって。

それに、学生時代やっていたバトントワリングでは、大会でもメイクをするんですが、やっぱり取れちゃうんですよね。その度にゴシゴシこすってたら、乾燥肌なので毎回痛かったんです。だから、マツエクを付けられる年齢になってからはマツエクをして、基本的に肌を拭かなくていいようにしています。
メイク自体も時短になっていいですよ。本当は眉毛もアートメイクにしたいくらいです!

莉咲子さんトレーニング時愛用のコスメはこちら

shuuemura ザ・ライトバルブ 584

shuuemura ザ・ライトバルブ 584

莉咲子流愛用術:保湿クリームと混ぜて肌に薄く伸ばすことで、くすみが飛びワントーン明るい印象に。
商品ページ
M・A・C クリーム カラー ベース(パール)

M・A・C クリーム カラー ベース(パール)

莉咲子流愛用術:アイシャドウベースですが、鼻や頬のハイライトに使っているそう。
商品ページ

K-パレット リアルラスティングアイライナー24hWP

K-パレット リアルラスティングアイライナー24hWP

莉咲子流愛用術:ブラックで目尻にかけラインをひき、ブラウンでまつ毛の間を埋める2色使い。
商品ページ

 

パーソナルカラーに基づいたリップスティックを愛用中。
NARS リップスティック。莉咲子さんは、パーソナルカラー診断に基づいた似合わせ色を、リップだけでなくチークとしても使用しているんだとか。

 

莉咲子のロングヘアーは実はエクステ!カラーもパーマも諦めず髪を楽しむ

カラーもパーマも大好き! 莉咲子さんInstagramより。
▲カラーもパーマも大好き! 莉咲子さんInstagramより。

ー莉咲子さんは長い髪が素敵ですが、運動時のヘアケアはどうされてますか? 運動後ってシャワーを浴びなきゃいけないし、髪も洗わなきゃいけないじゃないですか。切実な話、ほんとめんどくさくて…。

わかります(笑)。動いているぶん、私はシャワーを浴びる回数は1日に2回くらいと普通より少し多めなので、髪のことを考えるとちょっと大変な気持ちでした。でも、やっぱりロングヘアーが好き! このスタイルでいきたい! だから、いろいろ模索した結果、今はエクステに落ち着いています。

ー馴染みすぎてて全然気づかなかったです。まつげはマツエク、髪はエクステなんですね?

はい、自分の髪は実は肩くらいまでの長さなんですよ。自分の髪で長いときもあったんですが、ただでさえカラーをしてるのに、毎回のドライヤーでさらに傷んじゃって。ヘアオイルを常に持ち歩いてましたね。

今もカラーリングしてスパイラルパーマもかけていますが、エクステは痛む前に取れてしまうので、そこまでケアを気にしなくてもいい。楽な気持ちでたくさん動けます。
乾かすときも、自分の髪を生え際から乾かして終わり。ちょっと濡れてるくらいのほうがセットもしやすいですしね。そのまま次の予定に向かってます。

ー賢い! 女性って家を出る前に、顔も髪も時間をかけてセットするじゃないですか。だから、汗で乱れるトレーニングとは相容れないというか、ジムのあとデートって選択肢は基本ない。でも、莉咲子さんみたいに工夫次第ではもっと自由に1日を使えそうです。

トレーニングをおしゃれの場所に。私服とウェアの垣根はなくていい

ー最後に、ウェア選びについてお聞きしたいです。どんなスタイルが好きですか?

ウェアは、いろんな色を持つようにしていて、たぶん普通の服よりもたくさん枚数を持っています。いつも黒のウェアだけだと、黒を着たときの自分のスタイルが正しいと思っちゃうけど、色を変えたら全然違って見えたりもするので。

最近は「パルクール」というストリート系のスポーツをはじめたので、普段でも着られるようなものが多いですね。特に、トップスはピタッと、ボトムスはダボっとした格好が動きやすくて好きです。足元は、いつでも走り出せるように基本スニーカーです!
ナイキやアディダスのお店に行くと、シャツやレギンスのほかにも、私服っぽいデザイン性の高いアイテムもいろいろ並んでいるんですよ。裾がキュッと絞れるようになっていたり、吸水性が高かったり。

ー莉咲子さんのインスタを見ると、確かにカラフルな服ばかり。どれが普段着でウェアかわからないですね。

私服とトレーニングウェアの垣根はなし!いつでも動ける格好が莉咲子さん流。Instagramより。
▲私服とトレーニングウェアの垣根はなし!いつでも動ける格好が莉咲子さん流。Instagramより。

トレーニングと遊びって話で言うと、私的には、あんまり2つを分ける必要はないんじゃないかなと思っています。
今って、ジムに行くときはウェアもトレーニング用のブラトップやレギンスを着たり、「よし! トレーニング行くぞ!」って準備して行く感じがありますよね。それってある意味、デートや友達とのショッピングで「何着ていこうかな」って日常とは少し離れたところにあるのかなって。

必ずしもブラトップやレギンスを着なきゃいけないわけじゃないし、パルクールだってTシャツ&ジャージのスタイルが多いから合わせなきゃとかもなくて、動ける服のなかで自分のモチベーションが上がるものを着ればいいと思います。

メイクも髪もファッションも楽しんで、トレーニング自体がおしゃれする場所になったら、体を動かすことがもっとライフスタイルの中心になるんじゃないかな。

特にパルクールは街中でも行うスポーツなので、おしゃれな好きな子にもぴったりだと思います! とっつきにくく思われるかもしれませんが、簡単な動きもあって結構はじめやすいですよ。一緒におしゃれをして街中を駆け回る仲間が増えたら嬉しいです!

ー莉咲子さんありがとうございました! おしゃれとトレーニングの両立以上に、2つの垣根がなくなったら毎日がもっとアクティブで楽しいものになりそうですね。パルクールププレーヤーとしてのこれからの莉咲子さんの活躍にも大注目です。

▼莉咲子さん前半インタビューはこちら
高まる”居場所”がたくさんある。田辺莉咲子が「好き」にチャレンジし続けられる理由

カラダのすべてを、ひとつのアプリで。

「トレーニングって何をしたらいいの…」
「筋トレしてるのに体重が減らない…」
FiNCアプリの人工知能が自分に合ったトレーニングメニューをご提案します。
下記のリンクをクリックして15秒・無料でダウンロードしてください!

FiNCアプリの無料ダウンロードはこちら!