ダイエット中に食べたいスイーツレシピ9選!罪悪感なしのヘルシーお菓子

ダイエット中にでも食べられるスイーツについてお調べですね。

いくらダイエットとはいえ、甘いスイーツを全部禁止にするのは辛いもの。

そこで今回は、ダイエット中に選びたいスイーツの基本からスイーツレシピをご紹介!

手軽に買えるコンビニスイーツの選び方も紹介しているので参考にしてください。

ダイエット中でも食べられるスイーツを知って、楽しくダイエットを成功させましょう。

1. ダイエット中に選びたいスイーツのキホン

「ダイエット中はスイーツを我慢しないといけない!」と思っている人も多いはず。

しかし、ポイントを押さえることでダイエット中もスイーツを食べても大丈夫なのです。

スイーツを食べるときに気にしてほしいことは、カロリー、脂質、糖質の3つ。

これらを抑えるために、生クリームやバター等の脂質が多い乳製品をたっぷり使ったものよりも、豆腐や豆乳で作ったスイーツがダイエット中にはおすすめです。

一般的にケーキやクッキーやチョコレート等の洋菓子は、糖質と脂質が多くカロリーが高いものが多いです。

しかし、これらを意識したスイーツを購入するのは意外と難しいですよね。

そこで、ダイエット中は自分でスイーツを作ることをオススメします。

次の章でダイエット中におすすめのスイーツレシピ9選を紹介するので、参考にしてくださいね!

合わせて読みたい!
ダイエットに取り入れたい4つの要素とは?朝にできる工夫も紹介

2. ダイエット中にオススメのスイーツレシピ9選

ダイエット中にもおすすめなスイーツのレシピは以下の通りです。

  1. オートミールクッキー
  2. 豆腐チーズケーキ
  3. ミックスベリーヨーグルトパフェ
  4. おからドーナツ
  5. フローズンヨーグルト
  6. くずもち
  7. 牛乳寒天
  8. 水信玄餅
  9. フルーツスムージー

今回は簡単に作れるスイーツばかりを厳選しました。

レシピを確認して、さっそく作ってみましょう。

スイーツ1. オートミールクッキー

オートミールクッキーは、食物繊維がたっぷりでダイエット中におすすめ!

材料も少なく、作りやすいのも嬉しいポイントです。

  • オーツ コップ1杯
  • ピーナツバター 大さじ3杯
  • バナナ 2本

作り方も簡単です。

  1. ボウルにバナナを入れてフォークでつぶす
  2. 残りの材料を入れて、よく混ぜる
  3. スプーンで1枚分の量をすくい取り、形を整える
  4. 200度に予熱したオーブンで15分焼く

ココアを入れたり、バナナの代わりにカボチャやニンジンを入れても美味しく仕上がります。

詳しい作り方は、こちらからご確認ください。

スイーツ2. 豆腐チーズケーキ

ご紹介する豆腐チーズケーキは炊飯器で作る簡単レシピです。

本来使う半分のチーズを豆腐に置き換えるため、カロリーを抑えることができます。

  • クリームチーズ 200g
  • 無糖ヨーグルト 100cc
  • 豆腐 100g
  • たまご 2個
  • 砂糖 大さじ4
  • 薄力粉 大さじ3
  • レモン汁 少々

炊飯器で混ぜてそのままスイッチを押すだけなので、とっても簡単に作ることができます。

  1. 豆腐を軽く下茹でし、クリームチーズは室温に戻す
  2. クリームチーズ、ヨーグルト、豆腐を炊飯器の釜に入れ混ぜてペースト状にする
  3. たまご・砂糖・薄力粉・レモン汁を加える
  4. 泡だて器で滑らかになるまでかき混ぜる
  5. 炊飯器に入れてスイッチを入れる
  6. 炊き上がったら中を確認し、足りない場合は再度炊飯する

混ぜて炊くだけの簡単レシピです。

これならすぐにでも挑戦できそうですね。

お好みでブルーベリージャムやいちごをトッピングするとおしゃれに仕上がります。

詳しいレシピは、こちらからご確認ください。

スイーツ3. ミックスベリーヨーグルトパフェ

ミックスベリーヨーグルトパフェは、生クリームやアイスクリームで作るよりも低カロリー低脂肪なのでダイエット中でも気にせず食べることができます。

見た目も豪華なので、楽しいスイーツタイムが過ごせるはず。

  • イチゴ・ラズベリー・ブルーベリーなどのミックスフルーツ 適量
  • 無糖ヨーグルト 100g
  • はちみつ 大さじ2杯程度
  • シリアルかグラノーラ 適量

作り方は簡単です。

  1. ヨーグルトにはちみつを混ぜる
  2. イチゴをスプーンでつぶしてイチゴペーストを作る
  3. フルーツ→ヨーグルト→イチゴペースト→シリアル(グラノーラ)→ヨーグルト・・と好みの順番で盛り付けていく

以上で完成です。

フルーツはベリー系でなくても、バナナやキウイでも美味しく出来上がります。

フルーツを変えて楽しんでみましょう。

スイーツ4. おからドーナツ

ご紹介するおからドーナツは、たまご・小麦粉不使用で作ることができます。

パウダーを変えることでさまざまな味のドーナツが作れますよ!

  • 生おから 150g
  • 上新粉 50g
  • 純ココア 30g
  • 砂糖 60g
  • ベーキングパウダー 6g
  • 絹豆腐 150g
  • 無塩溶かしバター 20g

これらを混ぜてオーブンで焼くだけで完成します。

  1. ビニール袋に絹ごし豆腐と溶かしバター以外を入れ、振り混ぜる
  2. よく混ざったら、絹ごし豆腐と溶かしバターを入れる
  3. 袋の上から生地をこねる
  4. よく混ざったら、生地を取りだして6等分にする
  5. ドーナツの形を作り、190度に予熱したオーブンで15分程度焼く

以上で出来上がりです。

油を使わず、ヘルシーなドーナツを楽しむことができます。

詳しいレシピは、こちらからご確認ください。

スイーツ5. フローズンヨーグルト

続いてのオススメスイーツは、フローズンヨーグルトです。

ヨーグルトの酸味がきいてサッパリした味わいとなっています。

  • 無糖ヨーグルト 200g
  • はちみつ 50g

作り方も撮っても簡単です。

  1. ボウルにヨーグルトとはちみつを入れてよく混ぜ合わせる
  2. 冷凍庫に入れて1時間待つ
  3. 1時間経ったら周囲が固まってきているので、よく混ぜる
  4. その後15~30分おきに混ぜ、固めていく

キウイやオレンジなどのフルーツや、紅茶を入れても風味が付いて美味しくなります。

その際は、しっかりと細かくし、よく混ぜ合わせていきましょう。

スイーツ6. くずもち

くずもちは、豆乳とくず粉だけで作るヘルシースイーツです。

  • くず粉 30g
  • 豆乳 300ml

作り方も簡単なのですぐに挑戦できますよ。

  1. 鍋にくず粉を入れ、豆乳を少しずつ混ぜながら入れていく
  2. くず粉が全て溶けたら豆乳を全て加えて中火で加熱する
  3. 木べらなどでかき混ぜ、焦げないように気を付ける
  4. 全体が持ったりとしたら火から離し、型に流し込む
  5. 粗熱が取れたら容器に入れて冷蔵庫で冷やす

固まったら、仕上げにきな粉や黒蜜をかけましょう。

豆乳の代わりに牛乳やコーヒー、ジュースなどでアレンジすることもできます。

詳しいレシピは、こちらからご確認ください。

スイーツ7. 牛乳寒天

続いてのオススメスイーツは、牛乳寒天です。

素朴な味わいですが、なんとなく懐かしい気持ちにさせてくれます。

使う材料は少ないですが、お好みでみかん缶などを入れるのもオススメです。

  • 牛乳 200ml
  • 水 100ml
  • 粉寒天 2g
  • 砂糖 30g

では作り方を見ていきましょう。

  1. 鍋に牛乳、水、粉寒天を入れてかき混ぜながら強火で温める
  2. 沸騰したら弱火にして、粉寒天が完全に溶けるまで混ぜる
  3. 寒天が溶けたら砂糖を加え、混ぜる
  4. 粗熱が取れたら容器に入れて冷蔵庫で1時間冷やす

仕上げにフルーツを乗せても美味しいですよ!

スイーツ8. 水信玄餅

続いてのオススメスイーツは、水信玄餅です。

寒天ではなく、アガーを使うことでつるんとした水信玄餅ならではの触感を味わうことができます。

使う材料は、砂糖 小さじ1杯・水 300ml・アガー 10gの3つだけ。

作り方も簡単です。

  1. 水を沸騰させる
  2. アガーと砂糖を混ぜる
  3. 鍋の火を止めたら、アガーと砂糖を混ぜ入れる
  4. 粗熱が取れたら容器に入れて冷蔵庫で1時間冷やす

仕上げにきな粉や黒蜜をかけると美味しく食べることができますよ。

詳しいレシピは、こちらからご確認ください。

スイーツ9. フルーツスムージー

最後にオススメするのはフルーツスムージーです。

家にあるフルーツとヨーグルト、はちみつをミキサーで混ぜるだけ!

おすすめのレシピをご紹介します。

  • バナナ 1本
  • キウイ 1個
  • 蜂蜜 適量
  • 無糖ヨーグルト 200ml
  • 氷 適量

これらをミキサーにかけるだけで、美味しいフルーツスムージーを楽しむことができます。

冷凍のミックスベリーを使ったり、余ったニンジンや小松菜などを入れても美味しいですよ。

3. ダイエット中でも食べたい!コンビニスイーツを選ぶポイント

仕事や家事で忙しく、「自分でスイーツを作っている時間がない!」という方もいますよね。

そんな人は手軽に買えるコンビニスイーツを選ぶときに注意してほしいことがあります。

コンビニスイーツを選ぶときのポイントは2つです。

  1. ドライフルーツやナッツを選ぶ
  2. 「低糖質」の表記があるものを選ぶ

これら2つのポイントを押さえ、ダイエット中でもコンビニスイーツを楽しみましょう。

合わせて読みたい!
短期間でお腹を引き締める「運動」と「食事」のキホン!おすすめ筋トレと食生活を解説

ポイント1. ドライフルーツやナッツを選ぶ

ダイエット中の間食におすすめなのは、ドライフルーツやナッツ類です。

どのコンビニにでも置いていることが多く、手に入りやすいスイーツです。

ドライフルーツは、フルーツ本来の甘みがたっぷりとあります。

種類も豊富なので、飽きにくいというメリットもあります。

また、ナッツは100gを食べても糖質量が15g未満と、一般的な間食よりも糖質が抑えられます。

不飽和脂肪酸やビタミンEやビタミンB、鉄分、カリウムやマグネシウムに代表されるミネラルが含まれています。

塩分が気になる人は塩味を選ばず、素焼きを選ぶのがおすすめです。

このようにメリットの多いドライフルーツやナッツですが、食べ過ぎは要注意!

ドライフルーツにはフルーツ本来の糖質が含まれていたり、ナッツには脂質が多く含まれています。

くれぐれも食べ過ぎには注意しながら、つまむ程度のおやつ感覚で楽しみましょう。

ポイント2. 「低糖質」の表記があるものを選ぶ

コンビニスイーツを見ていると、「低糖質」といった表記のあるパッケージがあります。

これらは文字通り低糖質で作られているスイーツです。

寒天ゼリーやチョコレート、アイスなどさまざまなスイーツに「低糖質」といった表記がされています。

「ダイエット中だけど、手軽にスイーツを楽しみたい!」というときには、このような表記のあるスイーツを選びましょう。

中にはカロリーが高いものもあるので、食べ過ぎには注意しなければいけませんが、ほかのスイーツと比べると罪悪感なく食べることができますよ。

4. まとめ

ダイエット中にでも食べられるスイーツレシピ9選を紹介しました。

手軽に作れるものばかりを選んだので、さっそく挑戦してみてください。

「毎回手作りは面倒くさい・・」という方はコンビニスイーツの選び方をしっかり守って手軽にスイーツを楽しむのもアリです。

ダイエット中でもスイーツを食べて、楽しみながらダイエットを成功させましょう。

合わせて読みたい!
おいしく食べてダイエット!1週間分の健康的な献立レシピ

ダイエットをするなら、FiNCアプリがおすすめです!

FiNCアプリは、中村アンさんがブランドアンバサダーに就任し、累計500万ダウンロードのあるヘルスケア・フィットネスアプリです。

App Store「ヘルスケア/フィットネス」カテゴリにて、ランキング1位を獲得(2018/12/3〜2019/1/13)!

FiNCアプリでは、人工知能があなたの悩みにアドバイスをくれるので、あなたにあったダイエットや健康管理ができます。

体重、睡眠、生理、歩数、食事、レシピなどの情報もまとめて管理できるので、FiNCアプリがあれば、健康管理がカンタンに継続して行えますよ!

ぜひFiNCアプリをダウンロードして、楽しく健康管理を行いましょう!

カラダのすべてを、ひとつのアプリで。

「ダイエットをなかなか続けられない…」
「すぐにリバウンドしてしまう…」
FiNCアプリにはダイエットやトレーニングの様々な情報があるため、楽しみながらダイエットを続けられます!
下記のリンクをクリックして15秒・無料でダウンロードしてください!

FiNCアプリの無料ダウンロードはこちら!