ウォーキングマシンを選ぶ基準は?おすすめのウォーキングマシン4選

2019.03.26

「ウォーキングマシンは何を見て選べばいいの?」
「自走式だと安いけど、電動式とどっちがいいんだろう…」

ウォーキングマシンが欲しいと思っても、安いものから高いものまで様々な商品があって悩んでしまいますよね。

実は、4つのポイントさえ押さえればウォーキングマシンは選びやすくなるのです!

この記事では、おすすめのウォーキングマシン4選を紹介します。

また、ウォーキングマシンを実際に買うべきか判断するために、ウォーキングマシンのメリットを紹介し、選ぶポイント4つを紹介します。

自分に合ったウォーキングマシンをゲットして、健康的な身体を目指しましょう!

関連記事はこちら!
ウォーキングマシン選びのポイントって何?おすすめマシン3選! 

カラダのすべてを、ひとつのアプリで。

「トレーニングって何をしたらいいの…」
「筋トレしてるのに体重が減らない…」
FiNCアプリの人工知能が自分に合ったトレーニングメニューをご提案します。
下記のリンクをクリックして15秒・無料でダウンロードしてください!

FiNCアプリの無料ダウンロードはこちら!

1.おすすめのウォーキングマシン4選

ここからは、おすすめのウォーキングマシンを4つ紹介します。

選ぶポイントについては記事後半で紹介していますが、まずはどんなものがあるのか見ていきましょう。

(1)「fitbillのf.walk」ウォーキングマシン

fitbillのf.walkウォーキングマシンは、13㎝ほどの隙間に収納できる仕様なので、使わないときは収納したい人におすすめです。

本体の厚みは12.5㎝で、手すりを外せば重量は29kgですから女性1人でも本体を立てて収納することもできます。

基本情報は以下の表をご覧ください。

参考価格 69,800円
ベルトのサイズ 横幅45㎝/奥行120㎝
体重制限 100kg
速度調節幅 0.8㎞/h~6.0㎞/h

速度調節は時速6㎞までなので、軽いジョギングまでの利用となります。

ウォーキング目的で、使用しないときはコンパクトに収納したい人向けのマシンです。

#1:機能性

fitbillのf.walkウォーキングマシンの機能性は主に3つです。

  • 高さ110㎝の手すりは取り外しが可能
  • リモコンorスマホでの簡単な操作
  • fitbillアプリ対応

手すりを外すと、スタンディングデスクと組み合わせてパソコンを見ながら運動することができたり、テレビを見ながらの運動がしやすくなります。

fitbillアプリ対応なので、運動した日時・距離・速度・消費カロリーが自動的に保存され、モチベーションをキープしやすいです。

以上の機能性に惹かれた人は購入を検討してみましょう。

(2)『BARWING』ウォーキングマシン

BARWINGは、衝撃吸収システムによって足腰の負担が軽減されるので、身体への負担を気にする人におすすめのマシンです。

走行ベルト部分に、独自の衝撃クッション6つとクッションラバーが導入されているためです。

基本情報は以下の表をご覧ください。

参考価格 34,800円
ベルトのサイズ 横幅40㎝/奥行122.5㎝
体重制限 130kg
速度調節幅 0.3㎞/h~16.0㎞/h

特記事項として、サイドステップが8㎝あるため、いざという時でも安心してサイドステップに逃げることができます。

クッション性が優れたものを選びたい人にベストなマシンです。

#1:機能性

BARWINGの高機能ルームランナーの機能性は主に4つです。

  • 4~11インチのスマホ・タブレットホルダーがある
  • 肥満指数・心拍数の計測ができる
  • 専用コードで音楽再生ができる
  • 20種類の走行プログラムが内蔵されている

走行プログラムの種類が多いので、マシンの使用目的が全く異なった家族とも共有してマシンを使うことができます。

以上の機能性に惹かれた方はBARWINGの高機能ルームランナーを検討してみましょう。

(3)『ALINCO』ウォーキングマシン

ALINCOのウォーキングマシンは、高機能までは求めなくても、電動式がいい人におすすめのウォーキングマシンです。

価格が2万円ほどと、電動式のウォーキングマシンではお手頃な価格となっています。

基本情報は以下をご覧ください。

参考価格 20,266円
ベルトのサイズ 横幅27.5㎝/奥行78㎝
体重制限 100㎏
速度調節幅 0.8㎞/h~5.0㎞/h

特記事項として、傾斜角度が約5度で固定されているので、ちょっとした坂道のウォーキングになります。

手頃でも電動式でウォーキングを始めたい人にピッタリのマシンです。

#1:機能性

ALINCOのウォーキングマシンの機能性は主に4つです。

  • 3種類のトレーニングプログラム
  • 折りたたみ仕様
  • 組み立て不要
  • 本体重量18㎏

電動式のウォーキングマシンでありながら、軽くてキャスターが付いているので、楽に移動させることができます。

内蔵されているプログラムや速度調節幅は他の商品には劣りますが、軽いウォーキングを始めたい方にはちょうどいい仕様です。

以上の機能性に惹かれた人はALINCOのウォーキングマシンを検討しましょう。

(4)『YouTen』ウォーキングマシン

YouTenのルームランナー自走式マシンは、自走式で1万円を切るお手頃価格なので、気軽にウォーキングマシンを使いたい人におすすめです。

自走式であれば、ベルトに足を持っていかれて転倒することもなく初心者でも安心して使用できます。

基本情報は以下の表をご覧ください。

参考価格 8,980円
ベルトのサイズ 横幅44㎝/奥行83㎝
体重制限 90㎏
速度調節幅 自走式のため特になし

注意事項として、身長170㎝以上ある方は大股でのウォーキングは厳しいです。

身長や体重制限に問題のない方は、YouTenのルームランナー自走式で気軽に自宅でウォーキングを始められますよ!

#1:機能性

YouTenのルームランナー自走式の機能性は主に4つです。

  • 本体重量11㎏
  • 自走式ながら自動計測機能付き
  • 電動モーターなしで静音
  • コンパクトに折りたためる

電動マシンにはない軽量設計の上、キャスターが付いているので誰でも楽に移動させることができます。

また、モーターが内蔵されていない分静かにウォーキングすることが可能です。

以上の機能性に惹かれた人はYouTenのルームランナー自走式を検討してみましょう。

2.ウォーキングマシンを使う3つのメリット

ウォーキングマシンのおすすめを4つ紹介しましたが、そもそもウォーキングマシンにはどんなメリットがあるのか気になるという方もいるでしょう。

ここからは、ウォーキングマシンを買うべき3つのメリットを紹介します、

ウォーキングマシンを使うメリットは次の3つがあります。

  1. 天候・時間を気にせずウォーキングできる
  2. 身軽にウォーキングできる
  3. 周りの目を気にせずウォーキングできる

では、順番に詳しく見ていきましょう。

(1)天候・時間を気にせずウォーキングできる

ウォーキングマシンを使う1つ目のメリットは、天候・時間を気にすることなく、いつでもウォーキングできることです。

雨の日や仕事終わりの夜間など、自分の都合の良い時にストレスを感じることなくウォーキングができます。

梅雨の季節や残業続きの日々でも、いつでもウォーキングできることによって、運動を習慣化しやすい環境にできるのです。

天候や時間帯に左右されないことで、ストレスなく運動を習慣化することができるでしょう。

(2)身軽にウォーキングできる

ウォーキングマシンを使う2つ目のメリットは、身軽にウォーキングできることです。

飲み物は特別準備して持たなくても、自宅のためいつでも水分補給ができます。

外に出てのウォーキングは、熱中症対策のための飲み物の準備のほか、何かあった時のためにも備えなければなりません。

飲み物は運動時には重たくて負担になりますし、お金を持つと小銭の音や安全面などが気になります。

何も持たず身軽にウォーキングできることは、用意する手間でやる気を削ぐことがなくなるでしょう。

合わせて読みたい!
ウォーキングを続ける7つのコツと長距離を歩くための3つのコツ

(3)周りの目を気にせずウォーキングできる

ウォーキングマシンを使う3つ目のメリットは、周りの目を気にすることなくウォーキングできることです。

自宅であれば特別ウェアなどを用意する必要はなく、自分の好きな装いでウォーキングに取り組めます。

ウォーキングやランニングなどを始める際には、近所の方の目が気になって運動を始めることに抵抗が生まれやすいものです。

しかし、ウォーキングマシンを利用するとなれば自宅なので、抵抗が生まれることはありません。

これまで運動が習慣的でなかった人でも、周りの目を気にしなくていいのでスタートを切りやすいでしょう。

3. ウォーキングマシンを選ぶ4つのポイント

ウォーキングマシンを選ぶ際に見るべきポイントは、以下の4つあります。

  1. 電動式or自走式
  2. ベルトサイズ
  3. 体重制限
  4. 機能性

このポイントを抑えることで、あなたが後悔しない適したウォーキングマシン選びができるのです!

では順番に詳しく見ていきましょう。

(1)電動式と自走式

ウォーキングマシンを選ぶ1つ目のポイントは、電動式と自走式のどちらが自分に合うか見極めることです。

電動式か自走式のタイプが自分に合わないと、モチベーションが下がってすぐに飽きてしまうかもしれません。

ウォーキングマシンの電動式と自走式の大きな違いは、ベルトの動かし方です。

電動式はベルトが自動で動き、ベルトに合わせて歩きます。

対して自走式は、ベルトを自分の歩く力で動かすので、歩くスピードは自分のテンポです。

ではそれぞれ、どんな人におすすめか見ていきましょう。

#1.電動式をおすすめする人

電動式をおすすめする人は、日常でもある程度歩いていて、より効果的なウォーキングをしたい人です。

電動式の多くは、プログラムが内蔵されていて、目的に合わせて効果的な運動ができるようになっています。

プログラムの内容は、ノーマルコース・脂肪燃焼コース・体力増進コースなどがあり、商品によって様々です。

それぞれのコースで自動的に速度調整されるので、指導者なしで効果を期待できます。

しかし普段から歩いているなどで、ある程度足腰が鍛えられていないと、ベルトのスピードに付いていけず足を後ろに持っていかれてしまうので危険です。

電動式を使う際には、自分の状態をしっかりと把握してから、ウォーキングしましょう。

#2.自走式をおすすめする人

自走式をおすすめする人は、普段からあまり歩かなく、マイペースにウォーキングを始めたい人です。

自走式は自分でスピードをコントロールすることができ、ウォーキング初心者でも転倒するリスクが低いです。

また、電動式よりも自走式の方がお手頃価格なので、初めて購入する方でも手を出しやすいです。

しかし、電動式と違ってプログラムが搭載されていないので、ウォーキングの効果が気になるところでしょう。

自走式は自分の歩く力でベルトを回転させる負荷や、構造上必ずある程度の傾斜が付くので坂道を歩くような負荷があります。

普段から歩かない人は、マイペースに短時間歩くだけでも身体に疲労が溜まりやすいので、まずは自走式で慣れましょう。

関連記事はこちら!
正しいウォーキングの仕方とは?ダイエット効果をあげる3つの方法

(2)ベルトサイズ

ウォーキングマシンを選ぶ2つ目のポイントは、ベルトのサイズを確認することです。

ベルトのサイズが合わないと、ベルトから足を踏み外さないかが気になるなど、快適なウォーキングができません。

ウォーキングのみで使用する場合と、ジョギングやランニングでも使用する場合とでは、必要になるサイズが変わります。

ウォーキング:横幅=最低30㎝以上/奥行=身長×0.5以上
ジョギング・ランニング:横幅=最低40㎝以上/奥行=身長×0.6以上

上記は最低ラインのサイズとなっています。

自宅のスペースと相談しつつ、余裕を持ったベルトのサイズを選びましょう。

(3)体重制限

ウォーキングマシンを選ぶ3つ目のポイントは、スルーしがちなマシンの体重制限です。

耐荷重性をオーバーして使用し、故障などが起きた場合は保証の対象外となります。

壊れやすくなるのはもちろんですが、マシンへの負荷がかかりすぎて使用中に自動停止するなどの原因にもなるのです。

安いお買い物ではないため、より長く安全で安心に使いたいものですよね。

記載されている耐荷重や体重制限は、自身のためにも守るようにしましょう。

(4)機能性

ウォーキングマシンを選ぶ4つ目のポイントは、それぞれのマシンの機能性です。

より機能性を求めるほど、その分価格も高くなりますので、自分がどの程度の機能を求めるかは重要になってきます。

心拍数の計測が出来る機能や、アプリと連動できる機能が付いているものなど、マシンによって機能は様々です。

例えば耐久性を求めれば、本体の重量はそれなりに重たくなってしまいます。

お財布やスペースなどと相談しながら、どのような機能性を重視するのか考えましょう。

4.まとめ

今回は、ウォーキングマシンを使うメリット・選ぶポイント・おすすめのウォーキングマシンの3つをご紹介してきました。

何を重視してウォーキングマシンを選ぶかによって、商品の見え方が変わってきます。

魅力的に感じたものは、購入後も愛着を持って長く使えるケースが多いです。

ぜひお好みのウォーキングマシンを相方にして、末永く健康でいられる身体を目指しましょう。

関連記事はこちら!
ウォーキングの効果とは?成果が出ない原因・対処法を解説

ウォーキングにおすすめのFiNCアプリを使おう!

ウォーキングには、FiNCアプリがおすすめ!

FiNCアプリは、中村アンさんがアンバサダーを務め、500万人以上がダウンロードしたアプリです!

FiNCアプリでは、毎日のウォーキングの歩数を管理でき、消費したカロリーを確認することができます。

また、歩数に応じてアプリで使えるポイントも手に入れることもできます。

歩数管理のほかにも、健康になるためのアドバイスを受け取ることができます。

歩数の管理とともにポイントもお得にためられるFiNCアプリを使ってみましょう!

FiNCアプリをダウンロード(App Store

カラダのすべてを、ひとつのアプリで。

「トレーニングって何をしたらいいの…」
「筋トレしてるのに体重が減らない…」
FiNCアプリの人工知能が自分に合ったトレーニングメニューをご提案します。
下記のリンクをクリックして15秒・無料でダウンロードしてください!

FiNCアプリの無料ダウンロードはこちら!