ストレッチの5つの効果とやり方を紹介!習慣づけて悩み知らずの体に

「最近体が硬くなってきた…」
「体を動かすのが辛い」

このような悩みを持っている人は大勢います。

日常生活に支障をきたしたり痛みが出てくると、とても辛いですよね。

同じように悩んでいる人には、ぜひストレッチをおすすめします。

ストレッチには体をほぐすだけでなく、その他にも体に嬉しい効果がたくさんあり、あなたの悩みもきっと解消されます。

この記事ではストレッチの効果や、悩み別におすすめのストレッチ法などを詳しく紹介しています。

ストレッチを習慣づけて、悩み知らずの体を手に入れましょう!

カラダのすべてを、ひとつのアプリで。

「セルフケアって何をしたらいいの…」
「足がむくむ…」
FiNCアプリには部位別のストレッチやリンパマッサージ、セルフケアコンテンツが盛りだくさん!
下記のリンクをクリックして15秒・無料でダウンロードしてください!

FiNCアプリの無料ダウンロードはこちら!

1. ストレッチを習慣づけることで期待できる5つの効果とは?


ストレッチを続けることで、体に関する多くの悩みを解消できることが分かっています。

しかし、ストレッチを習慣づけている人はそれほど多くないかもしれません。

ストレッチは、習慣づけることで多くの効果を実感でき、さらに年齢問わず誰でも気軽に行えるので、ぜひ今日から取り入れてみてください。

たくさんの効果があるストレッチですが、その中でも特に効果が期待できる5つのメリットを紹介します。

(1) 動きが楽になる


体が硬い人は筋肉が凝り固まっていたり、関節がうまく動かない人が多いです。

その凝りをほぐすことによって、体を楽に動かせるようになります。

例えば、体が硬い人の中には、手を伸ばして物を取ったりするのが辛いと感じる人も多いと思います。

体の凝りをほぐすことで、手も伸ばしやすくなり、苦痛と感じなくなるでしょう。

ストレッチを習慣づけることで、このような日常生活の悩みも解消できます。

(2) リラックスできて疲れが取れる


デスクワークなどで常に同じ姿勢で長時間仕事に取り組んでいる人などには、リラックス効果やストレス解消効果も期待できます。

ずっと同じ姿勢で仕事をしていると、筋肉が緊張したままの状態になりますが、ストレッチを行うことで、この筋肉を緩めることができるのです。

筋肉を緩めることで気持ちもスーッと楽になるでしょう。

疲れを感じたときや、仕事の休憩時間などにストレッチを行うのがおすすめです。

(3) ケガの予防


ストレッチをすることで完全にケガの予防をできるというわけではありませんが、運動の前にストレッチを行うことで、体が運動をする準備を整えることができます。

体育の授業や、運動前にもウォーミングアップとしてストレッチをしますよね?

これは、トレーニングをする前に体が運動の準備をし、ケガを防ぐためなのです。

運動前に適切なストレッチを行うことで、心拍数・血流量を増やし、体温を上げて関節可動域を広げることができます。

急に体を動かすのでなく、ストレッチで十分に体をほぐしてから運動をすることが、ケガの予防に繋がるのです。

(4) 綺麗な姿勢をキープできる


長時間デスクワークなどをしていると、背中が丸まってきたりしてしまいがちです。

気が付いたときにストレッチを取り入れることで、このような悪い姿勢を予防できます。

また、普段から正しい姿勢に慣れていない人は、正しい姿勢を維持するのが辛いですが、こまめにストレッチをすることで、正しい姿勢をキープしやすくなります。

(5) 血液の循環がよくなる


ストレッチをこまめに行うと、筋ポンプ作用で血液循環を促進してくれる効果があります。

血液の循環をよくすることで、筋肉を緩め、関節の可動域を広げることができるのです。

関節の可動域が広がれば、体の動きやすさも実感できるでしょう。

また、血液の循環をよくすることが冷え性などの改善にも繋がるので、血流の状態はとても重要なのです。

2. 体が硬いとどんなデメリットがある?


体が硬いと、体を動かすのが辛かったり、腰痛や肩こりを発症するなどのデメリットがあります。

しかしストレッチを続けることで体の硬さは改善できます。

特に体が硬いという自覚がある人は、今すぐにでもストレッチを始めてみましょう。

ストレッチは健康のためにも必要なのです。

ただ、一度ストレッチをしたからといって体が柔らかくなるわけではありません。

継続が大切なので、少しずつでも継続することを心がけましょう。

3. 悩み別にストレッチの方法を紹介!


体が硬いことで肩こりやむくみなどの悩みを持っている人は多いです。

それぞれの悩みを解消できるよう、悩み別にストレッチの方法を紹介します。

(1) 肩こり


肩こりで悩んでいる人は、肩周辺の筋肉や腱、結合組織をほぐしましょう。

血流を促進することで肩こりの悩みを解消できます。

#1: 肩回し

肩回しのやり方は以下の通りです。

  • 腕を回す側の鎖骨の下に、反対側の手の親指以外の4指を当てる
  • この4指を斜め下45度の方向にストレッチする
  • ストレッチした状態をキープしながら、肩を大きく後ろに5回まわす
  • 左右同様に行う
  • 次は、肩を回す反対の手の4指で、首の中央と肩の真ん中を押し込んだまま前回しを5回行う
  • 左右同様に行う

ちょっとした隙間時間にでもやってみてください。

#2: 肩伸ばし

肩伸ばしのやり方は以下の通りです。

  • 肩を伸ばす反対の手の4指で、肩を伸ばす方の脇の下を4回押し込む
  • 肩を伸ばす方の腕を床と水平になるように上げ、息を吐きながら腕を外側に4秒伸ばす
  • 肩を伸ばすのと同時に、反対の手で脇の下の前部分を掴んで内側にひっぱる
  • 頭は脇の下を引っ張っている方向に倒す
  • この動作を左右4回ずつ行う

肩伸ばしも、どこでもできるストレッチなので隙間時間にやりやすいです。

(2) 脚のむくみ


脚のむくみで悩んでいる人におすすめのストレッチを紹介します。

脚のむくみの他に冷え性改善の効果も期待できます。

#1: 足を反らして曲げる


このストレッチは足がとてもすっきりするのでおすすめです。

  • 足の指全体を覆うようにして握る
  • 足の指5本と、足全体を反らせた状態で5秒間キープする
  • 次は持ち替えて前に曲げる
  • これを左右4回ずつ行う

ゆっくり時間をかけて行いましょう。

#2: 足ひねり


無理をしない程度に行っていきましょう。

  • 足の両端を両手で掴むようにして握る
  • 足の裏を天井向きに絞るように捻る
  • 持ち替えて反対側に捻る
  • これを左右4回ずつ行う

これで足もすっきりするはずです。

4. ストレッチはいつ行うと一番効果的?


ストレッチをより効果的に行える時間帯は、ストレッチの目的により異なります。

トレーニングをする人ならトレーニング前後のストレッチがベストですが、運動時以外に行う人は夜のお風呂上がりがおすすめです。

入浴して軟部の組織を温めることで、安全にストレッチができます。

また、お風呂上がりはリラックスした状態であることから、よりストレッチの効果が期待できるのです。

入浴後の少しの時間を利用して、ストレッチを続けてみましょう。

5. まとめ

ストレッチは道具などの準備も必要なく、いつでもどこでも行えます。

さらに年齢・経験も問わずできるので、誰でも気軽に始められます。

そんな簡単にできる方法で、体のいくつもの悩みが解消できるなら、今すぐにでもやってみたいですよね。

ぜひ、ストレッチを習慣づけて、ストレッチの効果を実感してみてください!

関連記事はこちら!
ストレッチってどんな効果があるの?ストレッチで期待できる4つの効果

ジム通い初心者必見!ジム選びのポイント4つとおすすめメニュー

有酸素運動とは?今すぐ始められるトレーニング方法を伝授

ストレッチをするならFiNCアプリがおすすめ!

ストレッチを成功させたいなら、FiNCアプリを活用してみませんか?

女優の中村アンさんがアンバサダーを務める大人気アプリであり、ダウンロード数は500万を超えています。

FiNCアプリを使えば、ストレッチの方法や動画を確認することができます。

健康を維持したり、ダイエットするためのアドバイスも受け取ることができるので、楽しく
健康管理ができますよ!

また、ストレッチの参考にするだけでなく、チャレンジしたストレッチに応じてアプリで使えるポイントも手に入ります!

貯まったポイントはFiNCモール内で1ポイント=1円として使えますよ!

カラダのすべてを、ひとつのアプリで。

「セルフケアって何をしたらいいの…」
「足がむくむ…」
FiNCアプリには部位別のストレッチやリンパマッサージ、セルフケアコンテンツが盛りだくさん!
下記のリンクをクリックして15秒・無料でダウンロードしてください!

FiNCアプリの無料ダウンロードはこちら!